• TOP
  • 【F1延期分|試合結果&最終順位】最下位脱出を懸けた長野が王者・名古屋に善戦も敗戦。しながわとの入替戦へ臨む。
  • 2022.01.31

【F1延期分|試合結果&最終順位】最下位脱出を懸けた長野が王者・名古屋に善戦も敗戦。しながわとの入替戦へ臨む。

1月24日と29、30日に、Fリーグ2021-2022 ディビジョン1の延期されていた4試合が各会場で行われた。

長野は最後まで善戦したが…

29日に、駒沢オリンピック公園総合運動体育館で立川・府中アスレティックFCとY.S.C.C.横浜の試合が行われた。

試合は立ち上がりから両チーム共にチャンスを作るが、両ゴレイロの好セーブもありスコアが動かない展開が続く。スコアが動いたのは12分だった。左サイドで立川・府中の酒井遼太郎が中に切れ込んで放ったシュートを横浜ゴレイロの田淵広史が弾くと、こぼれ球にジョーが詰めて立川・府中が先制する。するとその34秒後に、左サイドの裏に抜け出したジョーにパスが通ると、浮き玉をうまくコントロールしディフェンスをかわして強烈なシュートを叩き込み、あっという間に2点のリードを奪い立川・府中が2点リードでハーフタイムを迎える。

第2ピリオドも、両チーム共にシュートチャンスはあるが、ゴールネットを揺らせずにいた。すると残り時間が少なくなったところで横浜がパワープレーに出る。39分に、右サイドの安井嶺芽からのシュート性のボールに樋口未樹也が合わせて1点を返す。しかし横浜は同点に追いつくことはできずこのまま試合は終了し、2-1で立川・府中が勝利した。

30日に、武田テバオーシャンアリーナでリーグ最終節の名古屋オーシャンズとボアルース長野による試合が行われた。すでに全日程を終えた11位・エスポラーダ北海道との勝ち点差は「2」。長野は勝てば最下位を免れ、入替戦を回避できる重要な一戦になった。

試合は、立ち上がりから残留に向けて負けられない長野が硬い守備を見せ、名古屋に得点を奪わせない。5分に長野の青山竜也がゴレイロとの1対1を迎えるが、篠田龍馬に防がれて先制とはならず。両チーム共に決定機はあるが決めきれない。

すると、17分に試合が動く。平田ネトアントニオマサノリとガブリエル・ペネジオのコンビで長野ゴール前に侵入すると、最後は長野のオウンゴールを誘った名古屋が先制。ホームチームが1点をリードしてハーフタイムを迎える。

第2ピリオド、先にチャンスを迎えたのは名古屋だった。ペピータがゴール前でシュートを放ったがこれは長野のゴレイロ・山口友輔に止められてしまう。

24分、コーナーキックから青山がヘディングで決めて長野が同点に追いつく。しかし36分に、ゴール前中央でボールを受けた野村悠翔に反転シュートを決められ名古屋に再びリードを奪われる。だがその直後にパワープレーに出た長野は38分、青山のパスを受けた田村佳翔が決めて同点に追いつく。すると名古屋もパワープレーを開始。ワンプレー目でペネジオにゴールを奪われてしまう。さらに残り26秒にペピータに追加点を決められ2-4。残り2秒にオウンゴールで一矢報いた長野だったが、結果は3-4で敗戦。また、この試合のゴールでペピータは今季の通算得点数を21に伸ばしたが得点ランキング首位・ロドリゴの22ゴールには1点及ばなかった。

この試合の結果、長野のF1リーグ最下位が決定しF2リーグ優勝のしながわシティとの入替戦を戦うことになった。

結果は以下のとおり

1月24日(月)

時間 カード 会場
13:30 Y.S.C.C.横浜 4-1 エスポラーダ北海道 横須賀アリーナ

1月29日(土)

時間 カード 会場
18:00 立川・府中アスレティックFC 2-1 Y.S.C.C.横浜 駒沢オリンピック公園総合運動体育館

1月30日(日)

時間 カード 会場
14:00 名古屋オーシャンズ 4-3 ボアルース長野 武田テバオーシャンアリーナ
17:00 Y.S.C.C.横浜 1-5 ボルクバレット北九州 駒沢オリンピック公園総合運動体育館

■順位表

1 名古屋 51 16 3 3 84 43 41
2 湘南 41 12 5 5 73 47 26
3 町田 37 10 7 5 72 54 18
4 大分 36 10 6 6 70 61 9
5 立川・府中 34 10 4 8 43 53 -10
6 大阪 33 9 6 7 68 53 15
7 浦安 32 9 5 8 74 75 -1
8 すみだ 28 7 7 8 61 58 -8
9 北九州 28 8 4 10 48 56 -8
10 横浜 23 6 5 11 48 58 -10
11 北海道 13 3 4 15 41 83 -42
12 長野 11 3 2 17 38 79 -41